読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男の恋愛理論(必勝法)

このブログでは、アラフォー男の皆さんが楽しくアラフォー恋愛生活を送るために参考になる話を書いていきます

合コン屋とは?

皆さんは合コン屋という名前を聞いたことあるだろうか?

 

名前の通り、合コンを設定してくれるお兄ちゃんたちのことである。タワマンパーティに何度も参加しているうちにこの合コン屋と何名も知り合い活用している。

 

f:id:KK555:20170104222843j:plain

 

 

このような合コン屋は、基本的にはLINEで毎月、毎週実施する合コンの予定日や参加予定の女性のプロフィールを案内してくれ、参加の意思を表明すると具体的な集合場所をLINEで送ってくれる。

 

参加費用は合コン屋によって異なり、安いのだと6,000円から高いところでは15,000円程度。基本的には値段に応じて参加者の質も異なり、安いところは女性の質が悪く、男性の質も低い。一方で、高いほうだと女性の質は高いが、男性の年齢もぐっと高くなる。

 

男性も女性も知らない人同士が例えば10:10とかで参加する合コンとなるが運営方法は合コン屋によって異なり、完全に放任というところもあれば、自分も参加して席をローテーションしたり参加女性に勝手に早く帰らないように事前に指示を与えて管理しているところもある。

 

場所は、居酒屋チェーン店やそれよりはマシだけど味はいまいちな飲み放題付きのお店が多い。男性が女性の分の大半をカバーして、値段の高い会では男性がほぼ女性の食事代もカバーしてそれでも主催者にきちんとあがりがでるような仕組みになっていると思われる。

 

昨年末にたまたま誘われた会が次の予定の場所のそばで時間もあったので参加してみた。当日参加者は男女それぞれ15名程度。ただし、同じ居酒屋の別の部屋でもう一つ実施していたので実際はそれぞれ30名程度。

 

女性の参加者は20代前半から半ばということだったが、20代前半から30代前後までと多様。一人での参加の女性も多い。聞いてみるとそういった女性は毎回一人で参加しているようだ。(持ち帰りしやすいようにという主催者の配慮だろうか?)

 

男性も友人同士で来ている人もいるが個人での参加も多い。男性は20代はほぼおらず30代から40代がメインで人によっては60代というのも…。

 

この一万五千円というのは微妙な料金設定だ。合コン一回するよりは同額か少し多い程度。でも、キャバクラ等でパーっと飲むことを考えると少し安いくらい。なので、素人好きな人で出会いを求めるアラフォーのそれなりの収入がある人にはちょうどいいのだろう。

 

しかし、難しいのはキャバクラと違って夢は魅せてくれないことだ。外見的魅力が伴わないと口を聞いてもらえない、携帯をいじりはじめて無視などかなり冷たい塩対応をされる。

 

当日一人いた60代の参加者は60代にしては若く見えたもののやはり20代前半の女性からはほぼ無視されており可哀想だった。(レオン系ちょいワルオヤジだったのでアラサー、アラフォー相手ならモテるタイプだと思う。)

 

ただし、このような合コン屋の合コンもパーティなどと同様に活用次第で新規案件ゲットのいいチャネルになる。3:3の合コンであればその中に好みがいなければ2時間無駄だが、こういったものであれば自分から席を移動するなどして声かけをすればそれなりに成果が出せる。

 

アラフォー男性にとって大事なのはアラフォーだから…と諦めずにチャレンジを続けることだ。もちろん自分の魅力を高めるための努力も重要だが、とにかく声をかけるという行動を起こすことが大切だ。

 

恋愛なんてものは運の要素が強い。どんどんいいと思う女の子にアタックして、ダメだったらその子はすぐに諦めて、次に行けばいいだけだ。

 

可愛い子と出会えるサービスはどんどん活用して楽しいアラフォーライフを目指しましょう!!