読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男の恋愛理論(必勝法)

このブログでは、アラフォー男の皆さんが楽しくアラフォー恋愛生活を送るために参考になる話を書いていきます

アラフォー(独身)一般職女性の行く末は?

久々に婚活サイトに来ている申込を見たらアラフォー女性から申込みを発見。

 

偏差値50くらいの大学を出て、一般事務をしているということは、婚活アラフォー女性の中では標準スペックなんだろう。

 

容姿は、標準的。何も考えず、流されるままに結婚しないでに生きてきたというところだろうか。

 

f:id:KK555:20161031202840j:plain

 

生活力がなく、若さもなくなったアラフォー婚活女性。なぜ、背伸びして申し込みをしてくるのか?

 

思うのはこのような年取った一般職の女性とは、会っても、何も得るものがなということだ。この「得るもの」には、カラダという意味も含む。

 

会話に広がりがなく、つまらない。それは男女問わず仕事のできない人の共通項だから、想定した上で誘っており、特に問題ない。そもそも広がりがあれば、一般職なんてしておらず仕事もできて、アラフォーになっても独身のままということはないだろう。

 

甘かったのは、そういう女性は、すべてにおいて「踏み出す勇気」を持たないことに、気付かなかった点だ。すべて「待ち」。


自分を変える気持ちを持たず、でも安定を求める。努力もせず、手を差し延べてくれるのを待っている。草食系どころか、草を出しても「私は草を食べる女じゃない」と答える。

 

会話ができず、Hも避け、しかもアラフォー。誰が、あなたに、声をかけますか?

 

まあ、男性も、同じなんだろうな。所得制限のない婚活パーティーに行くと、男性のメンツもヒドイ。外見的に上位3人に入る女性と、僕がほぼ必ずカップルになれるという事実が、その証明だろう。

 

アンタに似合いなのは、同じレベルの男なんだよ。でも、こういったアラフォー女性はこれを認めたがらない。

 

少し飲食代が膨らんでも、またHできなくても、高レベル女性だと何らかのビジネスに役立つ話も聞けるし、違う世界を知るための投資とも割り切れる。

 

しかし、ホント、アラフォー(独身)一般職女性は、どうするんだろうね、将来…。