読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男の恋愛理論(必勝法)

このブログでは、アラフォー男の皆さんが楽しくアラフォー恋愛生活を送るために参考になる話を書いていきます

お見合いにふさわしい服装?

またまた結婚相談所の人に怒られた。。。理由としては先日のお見合いの時の服装。Tシャツと短パンとスニーカーでホテルの喫茶店に向かってお見合いをしてきたのだが、「汚いスニーカーと短パンでいらっしゃった」パネマジ気味で全く可愛くなかったのでお見合い後、すぐに断ったところ相手の相談所から自分の相談所にクレームが入ってしまった。。。

そもそもこんな暑いのにスーツ着てお見合いしてる人なんているのだろうか…?

している人いたらすいません。でも、私が毎回相談所に言うのは「これは相手のことをテストしているんです」ということ。お見合いだからスーツとネクタイ着用でないといけないなんていう女は、結婚したら旦那は早く帰るべき、毎晩愛しているよといってくれるべき、記念日は一定レベル以上のレストランで、、、など自分の思い通りになるように色々要求してくる女性だと私は考える。

 

まあ、そもそもお見合いでもいい女(滅多にこの市場にはいないけど、、、)は絶対こんなことは言ってこない。すごく丁寧に対応してくれて連絡先交換できるかも!と思わせるものの冷酷に辞退の通告をしてくるということが多い気がする。(例えば、22歳で新卒で元有名大学ミス・キャンパスなど、、、会えるけど本気度?意図もよくわからない子とか)

 

そんなクレーム言ってくるような女は正直クソだと思う。そもそも汚いスニーカーと言われるスニーカーは3万円近いブランドスニーカーで、短パンだって相当高いブランド物。正直「私のスニーカーとジーパンであなたの安物生地のワンピース何枚も買えますよ!」と言ってやりたくなる。

 

結婚相談所の人もある程度はわかっているものの「古い業界ですから、、、理解してていただかないと、、、」と言うばかり、古い業界を変えるという気概はないものか?

 

こっちだって暑い日に正装して汗だらだらの姿なんて気の毒で見ていたくない、32歳以上のおばはんは嫌だけど、若い子だったらホテルのプール入った後に水着で来てもらってもいいくらいだ。(そのほうが仲良くなれると思う…)

 

でも、次回のお見合いでは正装で、、、なわけない。次回もジーパン、スニーカーで行ってやろう(笑)。暑いしね。皆さんも是非!